>
グルメ番長

 

  

 

 

一覧リストから検索

2014〕 〔2015〕〔2016〕 〔2017〕 〔2018〕〔2019〕 

 

〔2020〕 

 

 


2020.3 わんダフル光秀くんホイップあんぱん

 

そんなアナタに一目惚れ♥

 

 アタシってね、惚れっぽい性格なんですわ。女性に対してはもちろんやけど、物に対してもそうなんです。これまで乗り継いできた車なんて、そのルックスに一目惚れしたものばかりですから。
で、この光秀くんホイップあんぱんです。昨年末、店頭のポップやのぼりに引き寄せられたのが運の尽き・・・いや、運が良かった! 一目惚れで即購入。あまりの美味しさに感動しましたがな。以来、友人宅へのお土産にしたり、某団体の子どもたちに30個以上も配ったりと、かなりの頻度で購入させてもろてます。
オープンは一昨年12月。当初は目玉商品がなく、何かエエもんをと頭をひねっていた若き代表の四方英仁さん。取引業者から「光秀くんとひろこさん」※の焼印を提案され、「ソレや!」と一番人気のホイップあんパンに押すことに。
ただし、既存のパンに押すんやなく、ちゃんと新商品として改良されました。パン生地はフワフワに焼き上がるように工夫し、粒あんとの相性を考えて甘さを控えたホイップクリームをふんだんに使う等、試行錯誤が繰り返されたんでっせ。何度も何度も取引業者に試食してもらい、ようやくお墨付きをもらって販売を開始したのが昨年12月のことですわ。
薄皮でシットリしたパン生地がはち切れそうなクリームと上品な甘さの粒あん。販売開始から約1カ月で1400個以上も売れたんですから、その美味しさは本物でっせ。今回は「光秀くん」だけでしたが、次は「ひろこさん」の名前を使った商品を開発したいと意気込む四方さん。アタシも何か提案させてもらお。
※福知山観光協会のイメージキャラクター

 

【店舗情報】

パン工房 わんダフル

福知山市字堀小字今岡2641 三ツ丸ストア堀店内

電話:0773-22-7155

定休日/木曜

営業時間/9:00~19:00

「光秀くんホイップあんぱん」180円(税別)

 

 


2020.2 たらふく日替わりランチ(刺身)

 

たらふく食べて幸せなひとときを

 

 新鮮な魚料理がメインのお店。一際目を引くカウンター脇の大きな水槽が、それを物語っとります。「美味しい海鮮料理で一杯」っていうイメージやったけど、いやいやランチです。コレがまたヒジョ~にイイんです。ラインナップは刺身、エビフライ、磯魚煮付、若鶏大葉フライの4種類(変更されることもありまっせ)。
まずは、ビジュアル! 付き出し風の9種類のお料理が盛られたプレートに度肝を抜かれます。旬の食材を使い、何が出てくるのかはその日のお楽しみ。煮物、焼き物、酢の物、洋風や中華風等々、実にバラエティに富んどります。季節のものを少しずつ味わえる、こんな贅沢なプレートが全てのランチメニューに付いているんですわ。おっと、刺身も忘れたらあきません。その日の仕入れによって替わる3~4種の新鮮なネタ。魚料理がメインやから、これはもう余計な講釈は不要でしょう。
半世紀の歴史を誇る老舗。50代半ばを迎えるアタシの幼い頃、内記にお店があったんをよう覚えとります。その後、蛇ヶ端を経て現在地に移りました。「季節を感じながら美味しいものを食べてもらいたい」と明るく語るのは、自称2.5代目の若き店主・金澤正典さん。食べるのが好きで、自身が楽しめるお店にしたいと心がけてはるそう。「たらふく(お腹いっぱい)食べて喜んでもらいたい」と金澤さん。ランチのご飯とお味噌汁はおかわりもできるし、予約したらソフトドリンクかアイスクリームがサービスしてもらえるって、その点でもアタシは大喜びでっせ。

 

【店舗情報】

お食事処 梁山泊 たらふく

福知山市字堀小字馬場2538-2

電話:0773-23-0510

定休日/木曜

営業時間/17:00~23:00(LO22:30)
ランチ(月~水曜)11:30~14:30(LO14:00)

「日替わりランチ(刺身)」1,600円(税別)

 

 


2020.1 バルにしむらーの魚介のパエリア

 

スペインに魅せられた漢(おとこ)の絶品料理

 

 街中を自転車でウロウロしとって見つけた店。「いったい何屋さん?」な外観と、単純にしてインパクトのある店名。調べてみたら、スペイン料理で評判のお店やないですか。ごめんなさい。こう見えて意外と飲食店情報に疎いんです。
ともに9月生まれのアタシら夫婦。令和になって最初の誕生日は、ココでお祝いすることに。どの料理の味も目を見張るもんがあって、ナンボでも食が進みます。〆にお願いしたんがパエリア。レモンを絞ってよくかき混ぜ、パクリと一口・・・その瞬間、思考が停止しました。予期せぬ美味しさに脳がバグったようです。我に返ると、「今までの人生で食べてきたパエリアは何やったん?」とさえ思えてきますやん。シットリとして魚介の旨味が濃厚で、〆やというのに貪るようにいただきましたがな。
「パエリアはダシが8割!」と、その味について熱く語るシェフの西村純一さん。28歳で単身スペインに渡り、「人も、気候も、料理も素晴らしいスペインにドハマり」し、複数の星付きレストランで8年間にわたって腕を磨きました。帰国後は東京の小笠原伯爵邸の総料理長をも務めた経歴の持ち主です。素材にはとことんこだわり、丹波市の有機野菜、伊根や舞鶴の新鮮な魚介等、シェフ自らが仕入れに出向きます。パエリアの米は南丹市産のものを7分づき(これがシットリの秘訣)で使います。
この絶品パエリアを目当てに、わざわざ京阪神から足を運ぶお客さんもあるそう。その気持ち、よ~くわかりまっせ。時にはでき上がりまで30分以上もかかることがあるけど、それがちっとも苦になりませんもん。そういう方々をガッカリさせないよう、常に真剣勝負を心がけてはるシェフ。カッコエエやないですか。

 

【店舗情報】

バルにしむらーの

福知山市西本町126

電話:0773-22-2211

定休日/不定休

営業時間/18:00~24:00

「魚介のパエリア」1人前1,450円(税別)

※2人以上は2人前~のオーダーとなります

 

 

 

 

 HOME>一覧リストへ戻る>