>
グルメ番長

 

  

 

 

一覧リストから検索

2014〕 〔2015〕〔2016〕 〔2017〕 〔2018〕〔2019〕 

 

〔2020〕 

 

 


2020.1 バルにしむらーの魚介のパエリア

 

スペインに魅せられた漢(おとこ)の絶品料理

 

 街中を自転車でウロウロしとって見つけた店。「いったい何屋さん?」な外観と、単純にしてインパクトのある店名。調べてみたら、スペイン料理で評判のお店やないですか。ごめんなさい。こう見えて意外と飲食店情報に疎いんです。
 ともに9月生まれのアタシら夫婦。令和になって最初の誕生日は、ココでお祝いすることに。どの料理の味も目を見張るもんがあって、ナンボでも食が進みます。〆にお願いしたんがパエリア。レモンを絞ってよくかき混ぜ、パクリと一口・・・その瞬間、思考が停止しました。予期せぬ美味しさに脳がバグったようです。我に返ると、「今までの人生で食べてきたパエリアは何やったん?」とさえ思えてきますやん。シットリとして魚介の旨味が濃厚で、〆やというのに貪るようにいただきましたがな。
 「パエリアはダシが8割!」と、その味について熱く語るシェフの西村純一さん。28歳で単身スペインに渡り、「人も、気候も、料理も素晴らしいスペインにドハマり」し、複数の星付きレストランで8年間にわたって腕を磨きました。帰国後は東京の小笠原伯爵邸の総料理長をも務めた経歴の持ち主です。素材にはとことんこだわり、丹波市の有機野菜、伊根や舞鶴の新鮮な魚介等、シェフ自らが仕入れに出向きます。パエリアの米は南丹市産のものを7分づき(これがシットリの秘訣)で使います。
 この絶品パエリアを目当てに、わざわざ京阪神から足を運ぶお客さんもあるそう。その気持ち、よ~くわかりまっせ。時にはでき上がりまで30分以上もかかることがあるけど、それがちっとも苦になりませんもん。そういう方々をガッカリさせないよう、常に真剣勝負を心がけてはるシェフ。カッコエエやないですか。

 

【店舗情報】

バルにしむらーの

福知山市西本町126

電話:0773-22-2211

定休日/不定休

営業時間/18:00~24:00

「魚介のパエリア」1人前1,450円(税別)

※2人以上は2人前~のオーダーとなります

 

 

 

 

 HOME>一覧リストへ戻る>