>
グルメ番長

 

  

 

 

一覧リストから検索

2014〕 〔2015〕〔2016〕 〔2017〕 〔2018〕〔2019〕〔2020

 

 

 


2021.1 くらんイベリコ豚の餃子

 

この餃子、で食ってみな!飛ぶぞ!

 

 見出しの「飛ぶぞ!」は、某テレビ番組で元プロレスラーの長州力さんが放った言葉。ロケ先で美味しいホタテ貝を食べた時の感想です。恐らく、その美味しさから意識が飛んでしまう、興奮状態になるという意味で使われたもんでしょう。この餃子を初めて塩でいただいた時、まさにそう思ったもんでっせ。
中華料理をメインにした居酒屋&お食事処。オーナーの橋爪智明さんは、あの「餃子の王将」で20年にわたって店長を務めた方。初めてお店に入った途端、「あ、王将の店長やん!」でした。当然、餃子をオーダーしますわな。なんせ、餃子を1日に200万個も売り上げる王将で店長をしてはったんやし、イベリコ豚を使っとるというプレミア感もありましたから。
元々、脂身の少ないイベリコ豚から、さらに脂身を抜いて肉本来の旨味を引き立てた豚肉。キャベツやニンニク等、厳選された国産野菜。それらを皮で包み込み、焼き方にもこだわって丁寧に焼き上げられた餃子。お初の時は酢醤油+ラー油のオーソドックスなタレでいただきました。クドくないアッサリした味で、それでいて豚肉の旨味がシッカリ感じられる、ジューシーでとても美味しい餃子です。
それからしばらく。2回目の時、橋爪さんにおススメいただいたんが塩。餃子を塩で? 選りすぐりの大粒の塩を炒って山椒とブレンドし、試行錯誤の末にたどり着いた「魔法の塩」やとのこと。まあ、そこまでいうなら塩で食べてあげようやないか。瞬間、「飛ぶぞ!」でしたわ。もちもちの皮ともよう合うて、餃子の美味しさがさらに際立っとるやないですか。タレでいただく餃子とは、まるで別物のようでっせ!
健康志向でもあるこのイベリコ豚の餃子を広め、将来は専門店として全国展開したいと夢を熱く語る橋爪さん。美味しい餃子で「飛ぶぞ!」ではなく、ホンマに全国へ大きく羽ばたいてほしいもんですわ。

 

【店舗情報】

美酒菜館 くらん

福知山市駅前町426

電話:0773-48-9524

営業日/日曜

営業時間/平日11:00~14:00、17:30~22:00、

     土祝17:00~22:00

「イベリコ豚の餃子」390円(税別)

 

 

 HOME>一覧リストへ戻る>