>
今週の1冊7

 

次へ  前へ≫

 

 

紙鑑定士の事件ファイル


歌田 年(宝島社)1,518円

 

 

今年の
『このミス』大賞受賞作。

毎回、ヒット作を生み出している
『このミス』ですが、
今回も
面白い切り口のミステリです。

紙鑑定を神探偵と間違って
事務所に依頼に来た女性。

どんな紙でも見分けられる渡部は、
ダメ元で調査を始めますが、
手掛かりは
ピンボケしたプラモデルの写真一枚。

その調査で出会った伝説のプロモデラーと
事件の真相に迫ります。

紙とプラモデルのプロフェッショナルが、
持ち前の知識を元に事件を解決するのですが、
面白いのは二人とも造形の名手なので、
手掛かりは立体物なんですよね。

活字は2次元なので、相性が悪いかと思えば、
うまい説明で読ませてきます。

また作品内の手紙をつけたり、
家にある紙で実証ができるなど
読むだけでなく触る楽しみもあります。

手先の不器用な自分としては
ぜひ映像で見たいところです。

また本の可能性を広げてくれた一冊です。

 

 

願えば叶う京都の神社ガイド


梓 結実(淡交社)1,320円

 

 

新年あけましておめでとうございます。

今年は元号が令和になってから
初めてのお正月。

気分もより改まる気がします。

そんな新年。
新たな決意を神社で決めてみてはいかがでしょう。

京都には実にたくさんの神社があります。

祀られている神様も様々なら、
そのご利益も神社ごとに違うもの。

胸に抱いた願いにあった
神様の元へ決意表明に行くのはいかがでしょう?
一年の目標を
神様に後押ししてもらいましょう。

それぞれの神社の
個性豊かなお守りも掲載。

近頃は凝ったデザインのものも多いので、
お気に入りのものをゲットしに行きましょう。

今年一年。
皆様にとりまして良き年でありますよう。

 

 

100人のサンタクロース


谷口 智則(文渓堂)1,650円

 

 

いよいよクリスマス。
子どもだけでなく
大人もなんだかワクワクしてきます。

クリスマスといえば
プレゼントですが、
そんなどきどきを思い出させてくれる絵本です。

ある村には100人のサンタクロースがすんでいます。

クリスマスがちかづくにつれて
みんなプレゼントの準備で大忙し。

100人みんなが力を合わせて
プレゼントを配ります。

そしてクリスマスにはあるお楽しみが・・・?


世界中で愛されるサンタクロース。
大切な誰かを思い、プレゼントを贈る。
それは誰もがうれしいことなのでしょう。

そんなドキドキとワクワクは
とっても暖かい気持ちにさせてくれます。

プレゼントを待つこどもたちと、
準備に大忙しのすべてのサンタクロースに
メリークリスマス!

 

 

世界のニュースを読む力


池上 彰・増田 ユリヤ(プレジデント社)1,540円

 

 

今年の漢字が
令和の「令」に決まりましたね。

そんな令和元年の今年。

日本国内もいろいろありましたが、
世界でもいろんなことがありました。

ニュースを見ていても
毎日いろんな国のニュースが入ってきます。

香港や韓国。

アメリカにアフガニスタン。

日本は比較的平和なので
忘れがちですが、
世界では今も紛争やテロなど起こっていますし、
経済や政治に対する民衆の活動も活発です。

そんなニュースを理解するためのこの一冊。

テレビでおなじみの池上彰氏と増田ユリヤさんが
ニュースに取り上げられた世界の情勢を解説してくれます。

読んでみると、なんとニュースでわかったつもりだったのか実感。

今年は世界も様々な問題が起こり、
来年も情勢は激変するかもしれません。
そしてそれは日本に無関係ではありません。

今年もあと少し、
願わくば世界のすべての人が平和であるといいですね。

 

 

枝元なほみの今夜はおでん


枝元 なほみ(技術評論社)1,518円

 

 

めっきり寒くなりました。

こう寒くなると食べたくなるのが
あたたかいおでん。

コンビニでも
もう並んでいますね。

だしの染み込んだたくさんの具材。

あなたは
何が一番でしょうか?

そんなおでん。
実は地域によってぜんぜんちがうって
ごぞんじでしたか?

だしをとっても
鶏ガラと昆布が定番で、
かつおと昆布は関東炊きといって
関東定番だそうです。

うち関西ですけど
かつおと昆布ですねえ。

ほかにも
名古屋のみそおでんに
しょうがじょうゆで食べる
姫路おでんなど。

旅先でおでんを
食べにいくのもいいかもしれませんね。

冷え込む今晩。
ぜひおうちでおでんつくってみてください。

 

 

片付太郎と汚部屋乱子のお片づけレッスン


長浜 のり子(PHP研究所)1,320円

 

 

もう12月。
今年も残すところひと月。

そろそろ大そうじの時期ですね。

大そうじを前に、
不用品の処理など、
片付けを始める方も多いのでは?

ふだんからしておけばいいのですが、
これがまたできないものなんですよね・・・。

同じ思いの方へ
おすすめするのがこちらの一冊。

整理収納アドバイザーであり、
漫画家でもある著者の
マンガでわかるお片づけ。

片づけられない主人公の前にあらわれた
イケメン片づけ男子。
二人のやり取りをよんでいるうちに
片付けの極意が理解できます。

マンガなので
すっと頭に入りますし、
ちょっとひっかかったことを
すぐに実践できます。

まあ、
読んでいる暇に
片づければいいのですが、
どうせなら
効率的な方法を学んでからでも遅くない。

片づけようと思っているあなた。
まずは読んでみましょう。

 

 

流浪の月


凪良 ゆう(東京創元社)1,650円

 

 

誘拐事件の被害者と加害者。

世間での二人の関係は
そう認識されている。

だけど私はあなたといたい。

世間的に許されない二人が
再会した時、
二人は周囲を巻き込みながらも
二人の関係を結んでいく。

恋でもなく、
家族でもなく。

この二人の関係は
どうにも言葉にできません。

SNSの普及で、
事実はあっという間に
拡散されてしまうのに
本当の思いは
誰にも伝わらない。

周囲の善意は
ますます被害者の彼女を
逆に追い込んでしまう。

悲しいことに
登場人物の誰もが
お互いの気持ちを理解できないままで。

なんとも
もどかしく切ない。

せめて
二人に幸あれ。
そう願うしかできません。
あなたはこの二人をどう受け止めますか?

 

 

妄想国語辞典


野澤 幸司(扶桑社)1,100円

 

 

日本語には
実にたくさんの言葉があります。

書店に並ぶ辞書を見ても
まるで枕のように
かなりの厚みがあります。

だがしかし
辞書にのっているだけが
日本語というわけではありません。

これは
コピーライターの著者が
勝手に使った国語辞典。

たとえば

「行けたら行きます」
意味
絶対に果たされない約束。

「ここだけの話」
意味
みんな知っていること。

みんな
言ったことあるのでは?

ユニークな意味の解説に
おもわずニヤリとしてしまいます。

そんな
ひとひねりある言葉の数々。

やがてスタンダードになるかもしれません。

 

 

後悔病棟


垣谷 美雨(小学館)759円

 

 

人生の中で
今も後悔していることってありますか?

誰しも
大なり小なり
後悔したことはあるのではないでしょうか。

これはそんな後悔の物語。

医師のルミ子は
末期がんの患者の気持ちが
わからないのが悩みの種。

ある日、病院の中庭で
患者の心の声が聞こえる
聴診器を拾う。

聴こえてくるのは
終わりを見つめた
患者の後悔の声。

ふしぎな聴診器で
過去へ戻った患者の人生は
どんな結末を迎えるのか?

将来の夢、
家族の関係、
娘の結婚。

あの日、ああしてなければ
人生、よかったんじゃないか?

人生はささいな選択の繰り返し。

もしやりなおせたら・・・。

でも
やりなおしが良い結果となるとも
限らないわけで。

そんな
誰にでもある日常の後悔の悲喜劇。

読んだ後に
すっとココロの整理ができるかもしれません。

 

 

キモめし


五条まあさっちん(主婦と生活社)1,430円

 

 

10月末といえばハロウィン。

海外のお祭りでしたが、
今やすっかり日本にも定着しましたね。

仮装してパーティーするのも
当たり前になってしまいました。

そんなハロウィンのおもてなしに
ピッタリなレシピがこちら。

見るからにホラーな料理が満載です。

料理名も
「目玉の杏仁豆腐」
「指クッキー」
などなど。

・・・あまり食べたくないかも。

こちら
フルカラーで料理が掲載されているのですが、
インパクトすごいです。
なんとも生々しい・・・!

そして
このレシピのすごいところは
作り方だけを見ると
ちゃんとおいしそうなんですよね。

見た目重視でもちゃんとおいしい。


確実に
インスタ映えするこちらのレシピ。
ぜひハロウィンパーティーに作ってみてください!

 

 

 

白銀の墟 玄の月 第1巻


小野 不由美(新潮社)737円

 

 

十二国記というシリーズがあります。

もともとは
少女小説のレーベルから発行された
異世界ファンタジーです。

これが人気となり、
少女小説から一般文庫へ。

文庫のデザインを一層し、
全巻リニューアルされ、
新作の短編集が発行されて
ぱたりと筆が止まりました。

そして18年。
やっと長編シリーズの続きです。

前作「黄昏の岸 暁の天」にて
苦境から助け出された
国を守るべき麒麟が、
荒廃した国に戻る。
果たして王はどうなったのか?

いや、18年。
18年っていうと
生まれた子が大学生になるまでですよ。
そう考えると実に長かったと実感。

発売日は台風接近でしたが、
朝から買いに来てくれるお客様がありました。

みんな待ってたんだなと
売るほうも嬉しかったですね。

18年かかっても発行する出版社と
発売を待ち続けた読者。

ものすごいスピードで
情報やブームが過ぎ去る昨今。

そんな中で、
本というのは
年月が経とうと色あせない。
去ったようでも
時がくれば鮮やかによみがえる。

そんな底力があるのだと
なんとなく思わせてくれました。

 

 

マンガ ぼくらの京都


淡交社 990円

 

 

京都というのは
他府県からすると
実にいろいろなイメージを
わきおこさせるものらしい。

マンガや小説など
京都を舞台にしたものが
実に多い今日この頃。

そこで生まれたのが
「ぼくらの京都 マンガコンテスト」

京都の出版社主催で
京都をテーマに
京都の現役書店員が審査する。

まさに京都な
コンテストの受賞作品が
本になりました。

どの作品も京都愛にあふれています。

選評もあわせて掲載されているのですが、
そこは読む人も京都人。

詳しいゆえに
いろいろとキビしい意見も。

ただ、読んでて思ったのは、
やっぱり「京都」というと
ほんとに洛中のみのイメージなんだなーと。

京都も広いんだよ?
ちょっとそこは言いたい。

 

 

人生を変えた本と本屋さん


ジェーン・マウント(エクスナレッジ)1,980円

 

 

仕事柄、本屋を見かけると
つい立ち寄ってしまいます。

同じ本屋といえども
店によってその品ぞろえは様々で
なかなかおもしろいものです。

それは日本に限らず
世界でも同じようで、
本を愛してやまない著者が
本だけでなく
本屋と図書館まで紹介しています。

1000を超える愛読書と
行ってみた本屋と図書館。

なんと日本の本屋も登場。

そんな本への愛が
温かみのあるイラストで
じっくりと伝わってきます。

通販でどこでもどんな本が買えることも
すばらしいのですが、
ふと入った本屋で
偶然目にした本が
生涯の一冊になる。

本屋には
そんな奇跡があると信じています。

 

 

クモのイト


中田 兼介(ミシマ社)1,980円

 

 

クモ。

気が付くと家のすみなど
あちこちにいるクモ。

みなさまはクモに
どんなイメージがあるでしょうか?

人の想像力をかきたてる
魅力があるのか、
太宰治の「蜘蛛の糸」とか
アメコミのスパイダーマンとか
クモの作品ってあるんですよね。

こちらの本は
そんなクモに魅せられて
大学でクモの研究をしている教授の
クモ愛にあふれた一冊。

といっても難しくはありません。

知られざるクモのあるあるや、
クモに学ぶ人生相談まで。

実は
クモがシロアリなどの害虫を
食べてくれてるって知ってました?

読み終われば
クモが好きになること間違いなし。

あなたの親愛なる隣人、
クモのこと、
知ってみませんか?

 

 

心がバテない食楽習慣


大久保 愛(ディスカヴァー・トゥエンティワン)1,620円

 

 

めっきり涼しくなってきました。

いよいよ季節は秋。

寒暖の差で
夏の疲れが出てくる頃です。

病気というわけではないけれど
なんだか調子が出ない。
そんな時ってありますよね。

そんなちょっとした不調を
助けてくれるこちらの本。

1年間を1週間に分け、
その週その週で
漢方と栄養学による
おすすめの食材や生活習慣を
教えてくれます。

普段の食事にその食材を足すだけなので
準備などは必要なし。
少しの心がけだけでOKです。

ちなみに
今週はレモンがよいそうですよ。

ぜひお試しください。

 

次へ  前へ≫

 

coupon300px.jpg

▲HOME